QLOOKアクセス解析

視力回復レーザーの体験談は信用できる?

視力を上げるためのいくつかの方法

豆知識

ご存知でしたか?
日本では、視力が低下していると取れない資格や就けない職業もあります。

メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が一定の基準に達していればいい場合もありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれません。

競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要です。

日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けていると、パイロットになることができません…。

視力回復レーザーの体験談は信用できる?

以前のエントリ(レーシック手術による視力回復について)で視力回復手術の現在の主流としてレーシックなどのレーザー手術を紹介しましたが…施術を受ける前に当然ですが手術をしてもらう病院や医師などを決めないといけませんよね?

その際にいわゆる「体験談」というものを参考にする人もいるでしょう。
…ですが、気をつけてください。

たとえば病院のホームページ。
視力回復レーザー手術を行っている病院が、自分の院での施術の実績についてマイナス要素のある内容の体験談を載せると思いますか?

視力回復レーザーの体験談については、病院のホームページに掲載されているようなものだけでなくいろいろな場所で調べる必要があります。
レーザー、などと言うからイメージが沸きにくいかもしれませんが自分の眼球にメスを入れる点では従来の視力回復手術と変わりません。
レーザーを眼に照射される数秒の間に耐え難い恐怖を感じる人もいるそうです。
簡単で、全く痛くなくて、安全な、手術というのだって必ずしも正しい表現ではないでしょう。
後悔する事のないように入念に下調べをしておく必要があります。

よく有名人やスポーツ選手の視力回復レーザー手術体験談をホームページなどに載せている病院もありますが…あまり参考にならないと思います。

顔写真つきで視力回復レーザー手術の体験談を載せるのですからね。
当然の話ですが肖像権なども関わってきますよね?
つまり、体験談は無償で提供されているのではない、と言う事です。
視力回復レーザー手術の体験談を提供した人たちに、病院側から何の見返りもないはずがありませんよね。当然、その体験談にはいいことしか書いてないのです。
ですからいろいろな場所で調べる、リサーチする必要があるのです。

視力回復レーザー手術では痛みは全く感じないとよく言われますが、これも鵜呑みにするのはどうかと思います。
角膜の移植手術を受けた私の友人よりは遥かに少ない負担で済む事はまちがいないでしょうが…。
それでもレーザー手術を受けた人の中には若干の痛みに悩まされる人もいるようです。手術後に目がものすごく乾燥するようになってしまう人も多いようですね。これは視力回復レーザー手術を受けた人に特有のものではないでしょうが。前述の私の友人も眼の乾燥に悩まされていました。

また、手術直後は視力の改善を果たしたとしても、時間の経過とともに再び視力が低下して再手術が必要になることもあるそうです。
嫌な話ですが…片方だけ視力が落ちてしまって目薬治療などが必要になる人もいるのです。

手術後しばらくは異物感やしみる感じがするという人もいますし、年齢が高いと視力が安定するまでに時間がかかることもあるそうです。
その間はずっと不安な気持ちで過ごすことになるんでしょうね…。
そうした場合はメンタルケアなども必要になってくるはずです。
あなたの候補に挙がっている病院ではどうですか?

患者の不安をどれぐらいケアできるのかなどは口コミなどで調べるのが正確な情報かもしれませんが、とりあえず病院のホームページに載っていれば、その病院はメンタルケアの必要性を認識している、また認識している患者に売り込みをかけているわけですから、一定の参考になるでしょう。

Sponsored Link

管理人:ともゆき
このブログでは最近かなり眼が悪くなってしまった僕がいろいろ調べてるうちに解った事を皆さんにもシェアしていきます。 お役に立てるといいのですが。

ランキングに登録しています。
応援していただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。