QLOOKアクセス解析

レーシック手術による視力回復について

視力を上げるためのいくつかの方法

豆知識

ご存知でしたか?
日本では、視力が低下していると取れない資格や就けない職業もあります。

メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が一定の基準に達していればいい場合もありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれません。

競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要です。

日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けていると、パイロットになることができません…。

レーシック手術による視力回復について

視力回復を図ろうとして…トレーニングなどの様々な手段を講じても一向に状態が改善せず、またどうしても低下した視力にガマンがならないのであれば…。
いよいよ視力回復手術に踏み切る事を検討しなければならないでしょうね。

前回のエントリでも取り上げましたが、視力回復手術として現在はレーシック手術が主流になっていると思います。
レーシック手術は、登場した時点では眼にレーザーメスを照射する治療法に抵抗を示した人が多くいました。当然ですよね。角膜を薄く削り剥ぐなんて想像しただけで身の毛もよだちます。
しかし、一流スポーツ選手やハリウッドスター、芸能人などがこの手法で治療を受け、視力を回復させたと報じられるや、レーシックは一躍メジャーな視力回復手術として有名になりました。

レーシック手術は、正式名称を「レーザー角膜屈折矯正手術」といいます。
レーシック手術は痛みが少なく、施術も短時間で済むので手術を受ける人にとっては負担が比較的に少ないのです。
そのこともレーシックが人気を集める一つの要因でしょうね。

レーシック手術と一口にいっても、いくつかの種類があるんですよね。
主なレーシックの種類は、レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ウェーブフロントレーシック、イントラウェーブフロントレーシック、クリーンルームレーシックなどが挙げられるようです。
それぞれに特徴があり、乱視や近視の強さによっては適応しない場合もあるそうですから…ここはやはりしっかり認識を持っておくべきでしょうね。
お医者さんに任せておけば良い様にしてくれる〜では駄目でしょう。
はっきり言って。
仮にも自分の体にメスを入れるわけですからね。

視力回復手術としてはレーシック手術の他にも、ラセック(LASEK)やフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)、PRK(屈折矯正手術)、RK手術(放射状角膜切開術)などもありますが…
これらはいずれも健康保険が適用されません。
確かに以前よりは安くなってきてはいるようですが…それでもそれなりに高額な手術費用がかかってしまいます。

それともう一つ、念頭に置くべきなのは…視力回復手術をすればその後は一生、視力が悪くならないというわけではないらしい…という事です。

視力回復手術の種類によっては、また視力が低下してしまうこともあるそうですよ。手術を受ける時にはどの視力回復手術が最も自分に適しているか、よく見極める必要があるのは当然の事と言えますよね。

視力回復手術を受ける病院も慎重に選んだ方がいいでしょう。
くれぐれも手術費用に惑わされる事のないように…。


タグ
  

Sponsored Link

管理人:ともゆき
このブログでは最近かなり眼が悪くなってしまった僕がいろいろ調べてるうちに解った事を皆さんにもシェアしていきます。 お役に立てるといいのですが。

ランキングに登録しています。
応援していただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。