QLOOKアクセス解析

トレーニングで視力の回復を図るには

視力を上げるためのいくつかの方法

豆知識

ご存知でしたか?
日本では、視力が低下していると取れない資格や就けない職業もあります。

メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が一定の基準に達していればいい場合もありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれません。

競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要です。

日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けていると、パイロットになることができません…。

トレーニングで視力の回復を図るには

視力回復トレーニングとはどのようなものなのでしょうか?

視力回復トレーニングとは、視力の低下を引き起こす原因が生活習慣などの環境によるものだと想定する「環境説」に基づいて提唱されている民間療法です。

一般的に近視・遠視の原因には“遺伝説”“環境説”“栄養説”“眼軸説”などがあります。
環境説とは眼に負担をかけ続ける生活習慣によって眼球内部の水晶体の厚みを変える“毛様体”の筋肉が衰えて、遠くに焦点を合わせることができなくなるのが原因だとする説のことです。
かつてはそのような生活習慣の代表格として読書や勉強のやりすぎなどが指摘されていましたが、現在ではそれらに加えテレビ、パソコン、ゲームなどのような、より眼を酷使する機会が増えているのが現状です。そのために毛様体の働きが衰え視力が低下してしまうのですね。

視力快復トレーニングではこの毛様体の機能をトレーニングによって回復させるのがまず、第一の目的となります。それによって視力回復を図ることができるというわけですね。

具体的な視力回復トレーニングの方法としては、眼球トレーニングが一般的なようです。
目を上下左右に動かしたり斜めに動かした後、ぐるりと左右に回します。意識的に寄り目にしたり、反り目にしてみるのも、視力回復トレーニングになると思います。“眼球ストレッチ”と呼ばれることもあるそうですね。

次に紹介したい視力回復トレーニングが遠近トレーニング法です。
まず目の近くにポールペンや指などを突き出して、それをじっと見つめます。このときなるべく遠くの物を見てから、また近くの物を見るようにしてください。近くの物と遠くの物を交互にみることで、ピント調節のトレーニングになるわけですね。同じような距離の物体ばかりにピントを合わせ続けている生活によって毛様体の機能が低下すると考えられるので、これは効果が高そうです。

他にも毛様体の調節力のトレーニングとしては、見えるか見えないかというギリギリの文字を目を細めないようにしながら、注意深く見るのも有効な方法だそうです。

注意する点として、トレーニングが終わった後は目を閉じて目を休ませてください。視力回復トレーニングは必ず裸眼で行い、終わった後は目を休息させることが重要です。トレーニングをやりすぎると逆効果になってしまうこともあるそうですから注意が必要ですね。視力回復トレーニングをやるときには、一日10分程度にとどめ、毎日継続して行うことを心がけましょう。

視力回復トレーニングをしたからといって、早急に劇的な効果が出るわけではありませんが続けることで成果が出ます。視力回復できていないように感じることがあるかもしれません。
しかし、実際は視力回復トレーニングのおかげでそれ以上視力が悪化しないで済んでいる場合もあるでしょう。

逆に、視力が悪化していくスピードの方が視力回復トレーニングの効果を上回っている場合もあります…。
そのような場合は速やかに別の方法で視力の回復を図ったほうが賢明です。


タグ
 

Sponsored Link

管理人:ともゆき
このブログでは最近かなり眼が悪くなってしまった僕がいろいろ調べてるうちに解った事を皆さんにもシェアしていきます。 お役に立てるといいのですが。

ランキングに登録しています。
応援していただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。