QLOOKアクセス解析

視力が低下したら

視力を上げるためのいくつかの方法

豆知識

ご存知でしたか?
日本では、視力が低下していると取れない資格や就けない職業もあります。

メガネやコンタクトレンズ使用時の矯正視力が一定の基準に達していればいい場合もありますが、自衛官や警察官などは裸眼で0.1以上ないとなれません。

競馬の騎手は裸眼で0.6以上、競艇選手は裸眼(レーシックなどの手術も可)で0.8以上の視力が必要です。

日本の航空会社では、レーシックやレーザー治療などの視力矯正手術を受けていると、パイロットになることができません…。

視力が低下したら

視力回復センターというものがありますがご存知でしたか?
視力回復センターは、低下した視力を回復させるためのトレーニングを行うことによって近視・遠視・乱視・弱視といった症状から目の機能を回復させようというところです。

しかし視力回復センターで視力回復訓練を受けても効果は薄いという評判を耳にする事があります。一方で視力が回復したという体験談もありますしどちらが本当なのか判断がつきかねるところです。視力回復センター自体その存在がまだまだ一般的に知られていない事もあり、口コミの体験談だけが判断の材料になってしまうので致し方ないかもしれませんね。

口コミを総合して判断すると視力回復センターで視力を回復させることができるのは、主に仮性近視の人でないと難しいようですね。視力回復センターで視力が回復したという人もいれば、全く効果がなかったという人もいるのはこのためだと思います。

仮性近視とは主に子供に多くみられる症状ですが、これは近視ではありません。
近くを見やすいように目が適応しているだけです。
それなのにメガネをかけてしまったり、コンタクトをつけた生活に慣れてしまうと本当の近視になってしまいます。

その場合は視力回復センターで視力回復トレーニングを受けるのは有効かもしれませんね。

ただ、視力回復センターで視力回復のためのトレーニングをするのにはそれなりのお金が必要です。しかも、そのトレーニングの大半は書店で売っている本などでも紹介されてる…という評判も耳にする事もあります。

とはいえ全ての視力回復センターがそうだとは限らないようですが。
中には劇的な効果が期待できる視力回復センターもあるかもしれません。

それでも視力回復センターに行く前に自分で眼球運動をしてみたり、視力回復のためのマッサージなどをしてみた方がいいと思います。

視力回復センターに行くのならできるだけ無料体験があるところで、本当に視力が回復するのか確認した方がいいでしょう。

グーグルやヤフーの検索窓に「視力回復センター+あなたの地域名」などと打ちこんで検索してみましょう。なにか役に立つ情報が得られるかもしれません。

施設によってかなり評判の良し悪しに差があるので、ある地域に住む人が「視力回復センターでの回復訓練は非常に効果がある。」と言っていても、あなたの地域で同様のサービスを受けられるかどうかは不明です。

入会するだけで何万円もかかる視力回復センターもありますから、 事前によく調べてから行ってください。

もし、どうしても緊急に視力を回復したいのなら、視力回復センターに行くよりも、視力回復手術を検討する方が良い可能性もあります。

ただ視力回復手術はまだかなり高額ですし肉体的にも負担が大きいです。
円錐角膜の治療の為に手術を受けた友人を見てつくづくそう思いました…。
また、あまり若いうちに手術を受けてしまうと一時的に視力が回復するだけで、時間が経つと再び視力が低下してしまうこともあるそうです…。


タグ
 

Sponsored Link

管理人:ともゆき
このブログでは最近かなり眼が悪くなってしまった僕がいろいろ調べてるうちに解った事を皆さんにもシェアしていきます。 お役に立てるといいのですが。

ランキングに登録しています。
応援していただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。